情熱大陸にも出演!20歳の美人映画監督・松本花奈さんはどんな人?

この記事は3分で読めます

Sponsored Link


みなさん、こんにちわ!!
いろいろ忙しかったり、環境が変わったりする時期ですね(^^)
そう思って僕も、久しぶりに投稿してみようと思いかいてみました!!

最近は、天気が良すぎるくらいいいですね!
ちょっと暑いぐらいで、そろそろ夏がやって来そうな感じがします!
楽しみでもありますが、あのベトベト感を思い出すと。。。
憂鬱な気持ちにもなってしまうのは僕だけでしょうか。。。

そんな感じで、のんびり過ごしていたんですが、
年齢を重ねてるなぁーっと感じることが増えてきました。
見た目や体力的なこともそうなんですが、
最近思うことは若き世代の人が多く出てきなーと感じています。

サッカーや野球、フィギュアなどのスポーツ会での若手の活躍は、
かなり目立ってきていますよね。

そんな中、ちらっと目にしたのが映画・映像の監督!!
この業界?この世界になんと若手女性監督が!
しかも、まだ女子大生!!って聞いて、
正直、驚きました!!

映画や映像の世界は、知識不足で申し訳ないですが、
もっと年を重ねないとなかなか注目もされない世界なのかなと思っていました。

そんな僕の思い込みを覆してくれた方を、今日はご紹介したいと思います。

松本花奈(まつもとはな)さん

 

生年月日:1998年1月24日
出身地:大阪府
身長:164cm

14歳で映像制作を始めたそうです。
14歳で映像制作とかを始めるが凄いですよね!!
世の中の天才と言われる人は、
14歳ぐらいの時に必ず転機が来るみたいですよ!!
以前、テレビで言ってました。

余談ですが、実はユーミンも14歳ぐらい時に作曲を提供していたそうです。(笑)
→これは別の機会にお話ししますね!!
誰もが知っている曲は実はユーミンのだったってことが分かると思います。(笑)

話は戻ります。

その後、17歳の時には撮影した映画が新人監督の登竜門と言われる
「ゆうばり国際ファンタスティック映画祭」で、審査員特別賞と観客賞をダブル受賞。
岩井俊二監督をして「この作品は既に事件だ」と、
絶賛させたことで天才女子高生映画監督と話題になったそうです。

2017年、HKT48の「キスは待つしかないのでしょうか?」
のミュージックビデオ監督として手掛けています。
当時はHKT48メンバーと同世代ということもあり話題にもなりました。
10代の女性監督だからこそ引き出せた自然な笑顔が評判を呼んだそうです。

【どんな活動をされてるのか?】

現在、慶應義塾大学に在籍する松本花奈さん。
普段は平日は昼間学校があるので、授業の後脚本を書いて土日と長期休みに撮影をしているそうです。
サークルは早稲田大学のシナリオ研究会に入っているらしく、
慶應義塾大学には映像系のサークルがなくて、他大学で選び活動をしているそうです。

Sponsored Link


高校から監督活動を始めたけど、芸術大学や専門学校ではなく、
実は、中2の頃から日芸(日本大学芸術学部)に行きたくて日大付属の高校に入っていたそうです。
でも高校2年生のコース決めで、普通コースと特進コースに分かれるときに、
「特進ってかっこいいな」と思い、特進に進んだので日芸の推薦がもらえなかったんです。
普通コースだとそのまま日芸にも進学できたんだそうです。
それなら慶応行きたいなと思って受けたそうです。
こんなところは、普通の女子高生の考えに近いんだなと思いますね(^^)

実は以前、女優としても活動していたそうです。
今までいくつかのドラマや映画に出演経験があるみたいです。

最初はダンスがやりたくて、実家の近くにある劇団ひまわりに入り、
何となく子役をやっていたそうです。
その後監督の道を選んだのは、カメラとか機材に興味があって
いじってたら裏方も楽しいなと思ったからだそうです。
あと、出演側だと撮影の時だけしか映画に関わることができない、
スタッフさんは最初から最後まで関われるからうらやましいなと思ってやり始めたそうです。

 

【最後に】

松本花奈 『情熱大陸』より

(※情熱大陸より)

松本花奈は「タイプ的にドロドロになって這いつくばるのが好きで、裏方が性分に合ってるな」
と自分自身を分析しているそうでる。

テーマも映像の世界観も全て「20歳の監督・松本」が主導する現場で、
とかく、若い感性を求められる松本さん。
再びHKT48の新曲MVの監督を依頼されるなど、多忙を極めています。

経歴だけみると、華やかしく成功されているようですが、
その裏にはたくさんの落選も経験しているそうです。
失敗や挫折から、エネルギーをもらってさらに成功に結びつけている松本さんを
見習っていきたいですね!!

松本花奈さんの、今後の活躍にもっともっと期待したいです(^^)

長くなりましたが、最後まで読んで頂きありがとうございました。

Sponsored Link


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 2016 01.11

    Hello world!

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

記事の編集ページから「おすすめ記事」を複数選択してください。