ファン・ウェルメスケルケン・際の国籍は?ドルトレヒトから逆輸入!

この記事は3分で読めます

Sponsored Link


みなさん、こんにちわ~!!

今日は天気がよくて過ごしやすですねか(^^)

 

適度に肌寒く、心地よい太陽の日差しある。

車で外に出ると、暖かくて眠くなりますね(*_*)

 

今年はオリンピックが開催されますね!

もう3月中旬を迎えて、オリンピックまで半年を切りましたね!

 

サッカーのU-23が、オリンピック出場を決め、

なでしこがジャパンが、出場できずと。。

 

たぶん、男子サッカーにかかる期待が大きくなるのでは、、、

U-23のプレッシャーは、日に日に大きくなりそうですね。。。

 

今日は、そんなリオオリンピック代表・U-23代表に初招集された、

新たな新戦力をご紹介したいと思います。

 

そんな気になった選手は、

まず名前が長い!

と、

逆輸入選手!

である事。

 

と、色々と気になったので、まとめてみました!

 

【ファン・ウェルメスケルケン・際(さい)】

ファン・ウェルメスケルケン・際2

生年月日:1994年(平6)6月28日

178センチ、72キロ。右利き。

ポジション:SB。

他にもサイドハーフやアンカーを務めるなど、ユーティリティープレーヤー。

ファン・ウェルメスケルケン・際

成績:オランダ1部で通算1試合無得点。

2部では15年11月27日のPSV2戦でプロ初ゴールを決めるなど、

現在24試合1得点。

 

オランダ・マーストリヒトでオランダ人の父と日本人の母の間に生まれる。

2歳で帰国して山梨県北杜市で育つ。

 

経歴:中高一貫の進学校、甲陵中高に進む。

文武両道の高校で、国立大を狙える成績を残したらしいです。

2008年から13年までJ1甲府のU-15、U-18に所属し、

片道1時間以上かけて練習場に通っていたらしいです。

 

 

現在は大学生でもあり、欧州サッカー連盟(UEFA)が提携する、

デンマークの通信制大学でスポーツマネジメントなどを学ぶなどして、

自分のクラブにチームマネージメントを育ったヴァンフォーレ甲府を参考にして、

還元しているそうです。

・実家は工房で、ジュエリーデザイナーの父、服飾デザイナーの母が、

山梨の清里高原に洋品、ジュエリーや雑貨などの工房を構えているそうです。

Sponsored Link


【ドルトレヒトから逆輸入】

ファン・ウェルメスケルケン・際4

日本代表になるのには、通常のルートで行くと、

Jリーグや日本の大学や学校に通っている選手から選ばれるが多いです。

 

でも今回の際選手は、高校まではJリーグ地で元クラブの甲府の下部組織でプレーし、

その後、オランダに渡りってアマチュアからスタートしました。

 

そして少しづつ、結果を出して、今回は招集という形になりました。

 

このように、海外で育って日本代表に招集されることは、

今までは、ほとんどなかったので、驚きでした!!

ファン・ウェルメスケルケン・際31

そもそも、オランダに渡ったのは自分の意思があったみたいで、

 

「幼い頃に一度、夏休みにオランダに戻って2週間過ごしたことがあって、

『僕はもう日本へ戻りたくない』と言ったそうです。

その時には、祖父と祖母が、

オランダのチームで、NECとドルトレヒトのU−12の練習に、

参加できるようにしてくれたらしいです。

 

それぐらいオランダのサッカーに魅力を感じたそうです。

 

【最後に】

ファン・ウェルメスケルケン・際 選手は、

複数の位置をこなせることが特徴の一つで、左右のSBにボランチもこなせる選手。

最近の試合では左サイドハーフで出ていました。

 

武器が多くロングスローや俊足!

その足の速さは、U-23日本代表では、

広島浅野、新潟鈴木と並ぶ50メートル5秒9。

高校までウイングとして活躍していたそうです。

 

本人てきには、今は攻撃的SBとしての成長を目指しているみたいです。

 

このように、若くて海外で頑張っている選手が注目されるのは、

非常に嬉しい事ですね(^^)

 

今後も、このような選手がどんどん出てきて、

日本代表が強くなっていくと、日本のサッカーも強くなるので、

今後の注目して、応援して行きたいと思います。

 

長くなりましたが、最後まで読んで頂きありがとうございました。

Sponsored Link


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 2016 01.11

    Hello world!

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

記事の編集ページから「おすすめ記事」を複数選択してください。