クロエ・ディッキーの正体は?話題の浜辺のアーティスト!

この記事は2分で読めます

Sponsored Link


みなさん、こんばんわー!!

今日から寒さが戻って来ましたね(*_*)

 

今年は温度差が激しいですね。。

昨日は20℃近くあったけど、今日は10℃近くも低くなってしまって。

体調が崩れる人も多くなりそうですね。

 

僕も鼻水やのどが痛くなったりして、大変です(._.)

寒い日の差が、今年はとても激しいと感じてます。

こんな時は、南の島に行きたいなぁ~と思ってしまいますね( 一一)

 

南の島と言えば、この前、

偶然ちょっとしたニュースで見た記事を思いだしました!

 

皆さんも、海に行った時に砂浜でトンネルと作ったり、

凄い人はお城を作ったしたことはありませんか?

 

そんな浜辺での遊びを、究極のアートにした人がいたのです!!

それが、こちらの人です(^^)

クロエ・ディッキー8

『 クロエ・ディッキー 』さん

クロエ・ディッキー(24)さんは、

ニューサウスウェールズ州キャシー湖ほとりの出身。

クロエ・ディッキー

砂浜をキャンバスに美しい芸術作品を作りあげています。

クロエ・ディッキー1

描くのは砂浜によく描かれるイルカやカメといったものではなく、

彼女の自己表現のためで、モチーフはパターンや幾何学模様です。

クロエ・ディッキー2

干潮時の砂浜に描くので、

波が押し寄せれば作品は波に流されてしまいます。

それでも、クロエさんは、

「すぐに波に洗われて消えてしまうということが

私の作品を特別なものにしているの。」

と語っているそうです。

クロエ・ディッキー5

そんなクロエさんが、このアートを始めたのは偶然だったそうです。

インターネットである話を読み、この砂の上の芸術を考え出したというのです。

Sponsored Link


クロエ・ディッキー4

1ヶ月後には熊手を買っていたそうです!
これはバニングス・ウエアハウスで購入したもの。

アメリカ国内最大級のDIYチェーン店で2000円ぐらいだったとのこと。

クロエ・ディッキー7 クロエ・ディッキー6

 

クロエ・ディッキー さんは、

フルタイムで働く運動生理学者だそうで、

芸術活動は干潮時に行っているとの事。
朝六時の日の出の頃に集中して行うそうですよ!

朝、早!!(*_*)

なんて、早起きなんだ!!

それにも、ビックリです。

僕はそっちにも、驚きました。

 

そんなにも、早く起きてなんて、凄いですね。。。

 

【最後に】

芸術の方向には、全然、センスが無い僕は、

こういう事がやってみたいなと、強く思ってしまうのと同時に、

羨ましいなーと思ってしまします。

 

たぶん、ドラえもんも書けないのではと思います。。。(._.)

悲しいです。。。(涙)

 

クロエ・ディッキー さんには、

今の活動を続けて欲しいなと思いますね!(^^)

 

そう思っている人達も意外に多いかもしれないですよ!!

クロエ・ディッキー3

やっぱり、自分に無いものを持っている人は応援したくなっちゃいますよね!!

クロエ・ディッキー さんの、これからの活躍を応援したいと思います!!

 

長くなりましたが、最後まで読んで頂きありがとうございました。

Sponsored Link


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 2016 01.11

    Hello world!

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

記事の編集ページから「おすすめ記事」を複数選択してください。